« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

基本設計終了へ:湯来の家

P1040521


P1040526


P1040527

建物の立体のイメージしやすくするために

50分の1の模型を製作

 * * *

お施主さんはソファーと薪ストーブの模型を持参

ストーブの位置と

ソファーの位置は決定しましたが

階段が・・・

 * * *

平屋にお住まいだったので部屋にある階段を

きにされて・・・

納得するには時間もかかります

お待ちすることも設計の仕事です

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ

|

地盤調査:奥畑の家

P1180217

平成21年10月1日より、

住宅瑕疵担保履行法がスタートしました

この法律は、新築住宅を供給する事業者に対して

瑕疵の補修等が確実に行われるよう

保険や供託を義務付けるものです

 * * *

家の基本構造の瑕疵については

工務店さんは保険をかけています

上部の構造に保険をかけても

地盤がしっかりしてないと意味がないので

保険会社は地盤調査と地盤の保険に入ることを要求します

 * * * 

法制定以前だったら

何年も家が建っていて地盤が安定していると

考えられるところは調査等は行いませんでした

今は上記の流れにて地盤調査は必須です

 * * *

今回の調査で自沈層はなく

石は多いが

安定した敷地であることが判明しました

(あくまで建物がのる範囲)

計画通りにベタ基礎にて施工していきます

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ

|

刻み開始:奥畑の家

4月の上棟にむけて

材木屋さんの下小屋をおかりして

大工さんの刻み工事が始まりました

本日は土台の墨付けです

 * * *

最近はプレカットといいまして工場で機械が

木を加工することが多いのですが

今回は手刻みで行います

大工さんが道具をつかって加工する

その加工のための線を入れることを

墨付けと言います

 * * *

昔から大工さんはここで木を性質を見極めながら

加工をしていきました

家の中に構造体が見えない家が多くなり

(大壁つくり)

プレカットに圧倒されています

P1180102

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ

|

敷地にて:湯来の家

P1040433_3


冬の晴天の日差しの中

お施主さんのご夫婦と敷地にて

建物の配置にテープを張ってみました

P1040438

玄関を入った時に見える風景は。。。

P1040437_2

窓をどのようにあけていくのか

窓で切り取られる風景を確認です

 * * *

現地の近くのとんど祭にお施主さんが参加されたので

敷地の状況が見えてきました

購入の前に地盤調査をさせてもらって購入することに

P1040429_2

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »