« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

地鎮祭:奥畑の家

P1180089

事務所から奥畑の家に向かう途中の車窓

背景となる山々は雪がふっている様子

本日の地鎮祭はどうなることかと思ました

 * * *

風が強かったので

式の途中でいろんなものが飛ばないよう

参加者全員で気をくばりながら式が始まり

中盤には晴れた空から太陽が

心配をよそに気持ちのよい式となりました

 * * *

お施主さんもいよいよこれから工事が始まることを

感じられたようで

現場で起こることをすごく楽しみにされていると

伝えていただきました

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ

 

|

建具取り換え工事

マンションの一室の建具二つを取り換えました

生活されていくうちに

開き戸とクローゼットの扉がぶつかるので

それを解消するために

すべて引き戸に取り換えました

扉の開き勝手をかえることによって

スムーズになることも多々あります

P1180084_2

クロスも張り替えることになるので

その部分に子供さんと旦那さんが絵をかかれました

楽しそうに絵を書くすがたは

遊園地などでもみたことがないほどだとおっしゃってました

P1180077_4

クロスも取り換えは必要な部分だけにして

少しにぎやかな子供部屋へ

Img_4970

P1040419_2

|

模型にて:湯来の家

選ばれた二つのプランから核となる部分を選んで

8つのプランをつくり模型をつくりました

プランの次は家のイメージとなる外観です

P1040386_2

同じようなプランでも

屋根のかけ方で全然違うものになります

模型をお渡ししたら

今度はどれがイメージに近いのか選んでいただきます

 * * *

旦那さんのつくられた敷地の板にのせて

くるくる回してみながら

私や事務所に偶然来られた方の意見を伝えてみたりして

P1040416

8つから4つに

4つから2つに

こちらが最終的に選ばれました

P1040388

P1040390_2

のびていくイメージのものとまよわれていましたが

雪がふるときのこと

内部のイメージ

出発点の平屋への憧憬から

今のところこの案に。。。

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

敷地決定にむけて:湯来の家

家を建てる場合

土地がある方はよいのですが

土地を購入して建てる方は土地探しで

疲れてしまうことがあります

 * * *

自分たちの生活に仕方にあった土地なのだろうか

自分たちの思い描く建物が建てれる土地なのだろうか

土地探しのサポートはそんなに力にまだなれませんが

土地と建物の関係については

買う前にお伝え・お手伝いすることはできます

 

P1040016

湯来の家は

事務所に訪ねてこられたときから購入予定の土地がありました

まずは土地を見に行かせていただき

家の大きさ・ゾーニングについて話を進めていきました

 * * *

いつものように何個かのプランを提出させていただき

今回はお正月休みにゆっくりと考えをまとめていただきました

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

浄化槽の設置準備:奥畑の家

P1040246


P1040250

寒い寒い冬の朝

現場にて市から依頼されたコンサルタントの方と

水道業者・工務店と

浄化槽の設置位置についての話し合いです

 * * *

上水は井戸を掘って

下水は浄化槽で

ポンプ・ブロワーの電気代はかかりますが

敷地内で水を取りだし処理できる

自立できる家だなと思いました

|

見積・見積調整:奥畑の家

書いた図面を工務店さんにお渡しして

見積もりをしていただきます

見積もり金額が予算に合わない場合は

減額案を作成して検討していただきます

 * * *

今回はご予算をお聞きしていたので

見積内容と見積減額案を一緒に説明させていただき

お正月の間に考えていただき

年明け最初に検討事項をお聞きしました

 * * * 

プランの変更なしで

工務店さんとお話を進めていくことになりました

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »