« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

キッチンの大きさ:奥畑の家

図面での大きさを体感していただくため

キッチンがほぼ同じ大きさの緑井の家を

施主と一緒に訪ねました

P1080618

キッチンはいろんな家電等が並びます

いろんなアドバイスを受けて悩んでおられたので

実物を見ていただくことに

 * * *

続いてショールムにて

キッチンの詳細を決めていただきました

P1170869

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

基本設計③構造計画:奥畑の家

平面への要望と

見え方(立面)への要望を形にしました

 * * *

構造的に壁をどのくらい取らなければいけないかを

軸組計算をしたうえでかたちで見せます

開口部の詳細については次回です

P1030960

現地の光のなかで

P1030969_3

施主・施工者と敷地にて家の大きさの確認です

P1030964_2

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

基本設計②ボリューム:奥畑の家

基本設計①の課題で施主の方にゾーニングを

決めていただいたので

それに対しての平面計画と

立面計画(ボリューム)を8案提出しました

同じゾーニングでも空間のとり方は変えられます

P1030888

P1030924_2

P1030927_2

P1030929_2

P1030932_2

選ばれた模型はどれでしょう

次回をお楽しみに

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

再訪

10月1日でレフトハンズは開設14年目に突入しました

図面を書くのを一休みさせていただいて

今年の4月に竣工した庄原の家を再訪しました




Photo_6


ゲストハウスとしての利用を5月から開始されて

その季節の風景を

ブログ:welcomeさこちゃん・ち 

で拝見することができます

 * * * 

朝夕冷えるこの季節

いよいよさこちゃんちの薪ストーブに火がともりましたP1030940

試運転の薪ストーブの火にあたりながら

この5か月間の話をお聞きすることができました

P1030953

訪ねてこられた方の空間への反応

薪小屋にある先代がつくった薪は今年の冬を越せるのか

山から木を刻んでおろす作業について

お庭づくりの計画・草刈りについて

山の整備と燃料についてなどなど

まだまだ環境・空間づくりは続いていくのだなーと実感

次回は山から木を出す作業と

薪割をお手伝いさせていただこうかと

一緒に体験したい方はご一報ください

建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »