« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

照明がともりました:庄原の家

P1020336

P1020333_2

照明器具の照らし方を変えると

空間の見え方も変わってきます

建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

玄関の腰掛け設置:庄原の家

P1020276

P1020284_2

P1020295_5

玄関に設置完了しました

6人がかりで移動させて写真の位置に

ベンチの座り具合はもちろん

踏み台もきちんと機能していました

建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

ブリッジ本工事③:庄原の家




ワイヤーの手すりが取り付け終了

P1020311

施主のお母様が以前の改装のときに

思い描いていた2階どうしをつなぐ

ブリッジが掛かりました

P1020333


建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

黒柿のカウンター設置:庄原の家

P1170419

既存建具とのコラボレーション

受付カウンター

P1020342


障子とのコラボレーション

和室部分の棚として

書院カウンター

P1020423


信楽焼の陶器洗面器とのコラボレーション

洗面カウンター

|

玄関の腰掛け完成:庄原の家

P1170316

P1170314_2

P1170311_2

加工作業がおわりました

生の木が乾くときにわれやチジミが起こりますが

あとは現場にて設置するときに足の高さで調節します

足の裏・お尻で感じる木の目

とても気持ちよいですよ

建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

玄関の腰掛け作成中:庄原の家

玄関の腰掛けと客間に上がる式台を

生の地栂を加工して製作中

直径600長さ5mの木材を加工していきます

P1170246

まずは長さを調整

P1170263

壁側になる部分を矩が出るように切り落とし

P1170270

芯われを少なくするために芯の部分を切り落とし

P1170285_2

丸太の皮を落とし曲面カンナ掛け

P1170291_2

式台の段部分を大工さんが落としていきます

P1170304_2

腰あけになる部分は加工を施して

P1170302_2

気の遠くなるような作業の繰り返し

P1170307_3

ここまで1日半かかりました

まだまだ作業は続きます

指導・監督:丸二製材さん 

建築設計レフトハンズに広島の古民家再生はおまかせ!

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »