« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

サッシ現場でチェック:佐方の家

設計段階でいろいろ悩んでお施主さんと

サッシの大きさ・取り付け高さ等を決めたのですが

LEFTHANDSでは再度現場が建ちあがったところで

現場にて確認をお願いしています

住む方の感覚

その敷地にて見えるもの

などなど

図面では確認できないものをチェックするのです

P1140239

P1140238_3

P1140240_2

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

周辺環境:庄原の家

P1140184_4


P1140181

P1140175_3

P1140219

P1140188_2

P1140193_3

P1140197_4

実りの秋の風景でした

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

結果は建具のつくり変え

P1140170

今回のご相談いただいたのは夏前でした

リビングの一部にある和室の風の通りをよくしたいとのこと

ハウスメーカーの設計の方と旦那さんお気に入りの

FIXの丸窓はそのままで別の部分に開口を設けたいとのことでした

 * * *

丸窓はそのものに求心力があって

その他に開口を設けるにひと工夫がいるだろうと思っていました

 * * *

その和室部分にはもう一つ掃出しの窓があり

いつもは人の視線が気になるので

まったく使われていない開かずの障子でした

形状は雪見の反対で上を下げるようにつくられていました

P1140172


実際この掃出し窓を開けると相当な風が入ってきました

 * * *

植栽も葉を茂らし、夏には少し外の垣根の部分に目隠しをして

ここを開放することに決めました

雪見も上も下もどちらも開けれるタイプにバージョンUP

結果発表は来年の夏まで持ち越しです

P1140171


|

上棟:佐方の家

P1140095

P1140109

P1140135_5

P1140139_5

P1140142_5

P1140144_3


 別の角度から

P1140107

P1140118_3

P1140134_3

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

大工刻み:佐方の家

今回は構造体は工場で加工されるプレカットですが

長い長い9mの通柱や

P1140084

化粧で見せる丸柱

P1140087

は機械で加工できないので大工さんに加工してもらいます

垂木の加工も一部できないものがあり同時に加工してもらいました

P1140090

P1140128


加工して現場に届けられた垂木です

建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!





|

豪快な木組み:庄原の家

昔の土間だった部分の木組みを

昔は見みせていた木組みを

今回の改装であとから張られた天井を落として

もとの姿にすることが改装の目玉でもあります

なので天井裏の状態を確認です

立派な小屋組みがみえました

炉があったところなので

一体だった部分は煤で真っ黒です

天井も壁もみな真っ黒

P1140045

P1130971_2

P1140053_3


建築設計レフトハンズに広島の木造住宅の設計はおまかせ!

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »